タオルの製造工程

タオルの整経と織りの準備

整経、織りの準備

タオルを織る準備として整経という作業があります。整経は経を整えると書きます。タオルを織るに際して綿糸、経糸(たていと)を整えて準備をするということを行います。この準備を終えてから、織機につなげることになります。ちなみに整経(せいけい)、織機(しょっき)と言います。
タオルの整経を行う
タオルの整経を行っている
整経をおこなう糸を巻く
糸を巻いて織りの準備をする

織機につなぐ(つなぎをおこなう)

整経で経糸を整えた綿糸の巻きを(ビームを)織機に繋いでいきます。沢山の綿糸が巻いてあるように思えますが、タオルは基本的に量産の織物です。小ロット対応というのは現代人の工夫による、もしくは要望によるもので、基本的に市場単価、お手頃感、日用品としてのタオルを作ろうとすると、綿糸をたくさん巻きます。
つなぎを行う
つなぎを行っている
タオルの織り準備
タオル織機に糸が掛かった

平日当日発送、送料無料

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間:AM8時30分~PM5時30分

多種多様な決済方法


Amazonペイ
楽天ペイ

インスタ・SNS

インスタグラム
フェイスブック
さとふる
タオル小町QRコード

ページトップへ