三和タオルについて

タオルの洗濯について

洗濯について

 購入したばかりの柄物タオルは、必ず単独で洗うことをおすすめします。製品によって、プリント物だと余分な染液が付着いたり、濃色のカラータオルだと色移りする可能性もあります(人に害は一切ありません)。

タオルは少なからず毛羽のある綿糸で織られた、吸水性を求める織物です。この毛羽が風合いを出したり、吸水性の効果を出したりします。カラーに染められた濃色のタオル(黒や赤など)と服を同時洗ってしまうと毛羽が付いたりしますので、注意してください。

塩素系洗剤、漂白剤は絶対に使用しないで下さい。染めた色や柄に影響があります。塩素の強い薬品だと綿糸が極端に劣化したり、色が白く抜け落ちる場合もあります。洗剤の説明書きもよく読む事をおすすめ致します。色物を洗う際は、色物専用洗剤を使うのも一つの方法です。

柔軟剤は控えめに使用して下さい。ガーゼタオルや特製パイルタオルは、柔軟剤を使用しなくても使用感に満足していただけることを目指して製造しております。柔軟剤の使用しすぎは、ふんわりとした感覚を与えますが、タオルの吸水を悪くする可能性があります。また、毛羽起こりの原因ともなります。

タオルの干し方

タオルの干し方 洗濯後はすぐに干す様にお願い致します。洗濯機にためたまま、または陰干しをしていると日本の環境下では、雑菌などの繁殖により、生臭い匂いが発生します。 日光干しは、柄物などの色濃度を薄くしてしまう可能性がありますが、健康的にタオルを使用していくには日光干しも必要です。

【 注意事項】
プールなどに入っている消毒用塩素の濃度によっては色落ちすることがありますので、カラータオル、柄物タオルについては十分にご注意下さい。

洗濯についてさらに詳しく

  • 色物(カラータオルやプリントタオル)は初め色落ちすることがありますので、白物と一緒に洗わないでください。
  • カラータオルやプリントタオルには、塩素系漂白剤(又は塩素・漂白剤を含む洗剤)は使わないでください。色落ちの原因となります。
  • プリント製品の場合「色落ち防止成分配合」の洗剤使用をお勧めしています。
  • タンブラ-乾燥(洗濯乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機)で洗濯→乾燥を行うと、しわ、縮み、形のゆがみ、毛羽起こりの原因となります。
  • 直射日光での洗濯乾燥は、日光消毒にはなりますが、一方、プリント色の色はげの原因にもなります。生活環境に合わせて、比較的直射日光の当たらない場所に干すなど選択してください。 タオルハンカチに主にかがりとして使用しているメロウ縫製は、1点を持って引っ張ると、ほどける場合があります。洗濯にて干される場合ご注意ください。
  • 洗濯して濡れたままの状態で長時間放置していると、色物から白物へ色移りする可能性もあるので、お止めください。また衛生上もよくありません。
  • 夏場、雨期において特にパイルのタオルなど、長時間濡れたまま、又は水分を含んだまま放置しておくと、ばい菌の発生により、嫌な匂いを発する場合があります。この場合の匂いはなかなか取れません。
  • 過度な柔軟材の使用は、タオルの吸水性を落とし、また肌の敏感な人への痒みの原因になる場合があります。使われる洗剤の表記を良く読んで、適切な量を使用して下さい。
  • 塩素をたくさん含んだ水で洗うと、洗濯物が変色しやすいなどいろんな問題が起こるようです。
  • シャーリング素材は構造上、指で毛をつまんで強く引っ張ると、毛が抜けます。それと同じ作用で洗濯時、場合によってはしばらく毛抜けが確認出来る場合があります。その場合はタオルのみで洗うなど行ってください。(ドラム式:タンブラー型に傾向あり)

平日当日発送、送料無料

タオル製品について

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

営業時間:AM8時30分~PM5時30分

多種多様な決済方法


Amazonペイ
楽天ペイ

インスタ・SNS

インスタグラム
フェイスブック
さとふる
タオル小町QRコード

ページトップへ